プチ断食

プチ断食中の甘い物やお菓子との付き合い方。間食を制して痩せ体質へ!

プチ断食がライフスタイルに組み込まれると、甘い食べ物への欲求が面白いほどなくなるといいますが、本当なのでしょうか。

スイーツ無しの生活なんて、考えられないと思っている人ほど、あっけなく執着がなくなったりするそうです。



習慣で食べていたお菓子

プチ断食中、甘いものが食べたいと思うことが少なくなっていることに気がつくことがあるでしょう。

仕事中、大量の甘い物やお菓子を食べるのが習慣になっている人も、プチ断食を開始してからは目の前にお菓子が並んでいても目もくれないで、脇にあるお茶だけを入れて席に戻った自分に気づいてびっくりしたりするというエピソードもあるくらいです。

プチ断食を始める前は、食べたい、食べたくないというよりは習慣でお菓子を手にとっていたということになるのかもしれません。

習慣とは、恐ろしいですね。

どうしてもスイーツの誘惑に負けそうな時は

しかし女性は、月経サイクルやホルモンバランスでどうしようもなく甘いものを食べたくなることがあるそうです。

せっかくプチ断食で少しづつ体重が減っているのに、そんな欲求にまけて元の木阿弥に戻りたくはありませんよね。

こういった場合、甘いものを食べる時間で調整するのが良いようです。

人は朝、血糖値が一番下がるそうで、その時間に甘いものを食べるのです。

この時間帯に食べた甘いものは、その日の活動エネルギーになります。

脳も活性化されていないこの時間帯は、糖分がすぐに脳のエネルギーとして使われるので余分なエネルギーが生じにくく、脂肪として溜め込まれる心配が少ないのです。もし、どうしても朝ではない時間帯に食べたくなったら、果物やドライフルーツなどを少量たべると満足感が得られます。

え、そんなんじゃ満たされない!と思った人も、プチ断食が習慣になると案外満足するのでご安心ください。

最も最悪な間食のパターンは?!

最悪なのは、仕事帰りなどにデパ地下をのぞいてついついケーキを買ってしまい、そのまま帰宅後に食べるというパターンです!

そのケーキは、すべて脂肪になってしまいます!

もし買ってしまったら、「賞味期限は本日中だし・・・」などと食べるいいわけを探さず、(数時間くらい大丈夫!)

そこはぐっと我慢して、朝、早起きしてから食べましょう!



-プチ断食

Copyright© 【リアル体重公開】最速で3キロ痩せるプチ断食! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.