プチ断食

消化器の不調は全身の不調!プチ断食で五臓六腑をきれいに!

▼これがあれば、断食もしんどくない!


消化器が元気なら全身快適

東洋医学では五臓六騎(五臓:肝、心、牌、肺、腎/六肺一胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦(リンパ管))の調和を大切とし、そのうち一つでも働きが悪くなると全体のバランスが崩れ、不調を招くと考えます。

さらに、東洋医学には「病は口から(食べ物から)」という考え方がありますし、西洋医学をベースとするドイツにも「1日3食のうち2食は自分のため、一食は医者のため」ということわざがあります。

人は食べすぎによって、体調を崩すのです。

とくに、消化器系の不調は、全身状態に影響をもたらします。

口から入った食べ物は胃で消化されますが、その働きが弱まると胃の中に食べ物が長くとどまることになります。外の気温に関係なく、内臓の温度は一年中37度前後をキープしています。猛暑日である37度の炎天下に食べ物を放置すればすぐ腐り始めるように、いつまでも胃の中に滞留した食べ物は腐敗して毒素を発生させます。

胃で消化したものは腸に送られ、そこで吸収した栄養は血液にのって全身をめぐり傷ついた細胞を修復します。同時に、不要になった老廃物は回収され、体外へと排出されます。

腸の働きが弱まって吸収力が落ちれば、細胞の修復力はガタ落ち。疲れが抜けにくい、寝ても寝ても眠い、代謝が落ちて太りやすくなる、肌にツヤがないなど、さまざまな不調を引き起こします。さらに、免疫力の6割を担うといわれる腸が働かないと風邪をひきやすくなったり、アレルギー症状に悩まされたりもしますし、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌量が減るため、精神的な落ち込みも見られるようになります。

ダイエットから精神の健康まで、胃腸の働きが鍵を握っているのです。

▼断食酵素優光泉のお得なキャンペーンはこちら


-プチ断食

Copyright© 【リアル体重公開】最速で3キロ痩せるプチ断食! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.