プチ断食

断食の辛さは一日目だけ!断食を続けるコツは?寝坊もなくなり集中力UP!

▼断食の空腹感を乗り切るには酵素がおすすめ



断食なんて辛くてできない!は本当?

なんだかプチ断食がよさそうな気はしてきたけど、たとえ週1だったとしても、「断食なんて絶対にムリー」、「食事を摂らずに、普通に仕事をす る自信がない!」にという声がまだまだ根強く、あちこちから聞こえてきそうです。

「断食」という音口葉はそれだけで人に」否反応を起こさせてしまうようです。

その原因のひとつには、たとえば時間がなくてー食食べ損ねてしまったときに感じる強い空腹感、お腹が空いている時のイライラ感など、食べられないことをネガティブに受け取っているからというのが あると思います。

もうひとつの要因には、断食のルーツが宗教にあるからではないかと思います。
イスラム教、モルモン教、ユダャ教、キリスト教、ヒンドウー教など、ざまな宗教、宗派で断食の日が決められていたり、儀式として断食を行っています。

宗教における断食は精神修行の色合いが濃く、それゆえに、断食は修行僧などその道を究めた高尚な人が行うもの、というイメージでしょうか。

しかし、中国の中医学やインドの伝統医学であるアーユルヴェーダなどでは、古くから断食を養生法・治療法として取り入れていました。

中医学では鍼灸治療に加え、不食(ー断食)を組み合わせることを勧めることもあります。

鍼灸治療というと、日本ではマッサージに近い感覚を持っている人が多いのですが、鍛灸師が国家資格もある治療です。

断食した人の体験談

これは、断食を経験したある人の体験談です。

こちらはプチ断食ではなく、四日間の断食となりますが、断食中の精神状態の変化(好転)をとても良く表していると思います。

Aさんは、いつも仕事が忙しくヘトヘトでした。

体調もあまりよくなく、訪れた鍼灸院で断食治療をススメられた時は、絶対に無理だと感じました。

スポーツが大好きで、もともと3食摂ってもお腹が空くので間食は当たり前、「食べない」選択肢はありませんでした。

もちろん、資格の勉強をしながら夜食も当たり前の毎日。

日頃の体調不良が、まさか「食べ過ぎ」から来ているなんて思いもよりませんでした。

しかし鍼灸院でそのことを指摘され、ものは試しと断食をやってみることに。

初日はなれない空腹感に打ち勝つのが本当に大変でした。

食べられないことのストレスに苦しみましたが、体力的には何の問題もありませんでした。

二日目、三日目になると仕事への集中力が高まっていることを実感し、休のだるさも抜けているのを実感しました。

「食べなくても、人間ってこんなに動けるんだ」という軽い感動がありました。

このことが身をもってわかると、食への執着心もなくなり、断食前に考えていたつらさを感じることもなくなりました。

4日の断食中初日はつらかったのですが、二日目からは精神、肉体ともに楽になりました。

Aさんの体験を聞くと、一日だけするプチ断食は、逆につらいのではないか?

とも思いますが、プチ断食を毎週実行していると、断食の二日目以降と同じように段々辛くなくなってくるのだそうです。

プチ断食の思わぬ副産物

断食をして、感じる効用にはダイエットだけでなく様々なものがあります。

珍しところで、寝坊するくせがなくなった、という人もいます。


何度も寝坊し、職場への遅刻を繰り返して、人間失格と落ち込んでいた人が、断食をしたあとは、寝坊することがなくなったのです。

胃が空っぽになり、睡眠の質が向上したため、スッキリ目覚めることが出来るようになったのだと思われます。

また、著名なアーティストや作家などは、画家や作家などアーティスト系の方のなかには、集中力を高めるために創作活動に入る前にはあえて断食をするという方もいます。

▼断食中の空腹感がどうしても辛い場合は、酵素を使ってみてはいかがでしょうか。



-プチ断食

Copyright© 【リアル体重公開】最速で3キロ痩せるプチ断食! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.