プチ断食

プチ断食中の不調は体質改善されている証拠!笑顔で乗り切ろう!

▼ヤセ体質になるには


断食中の不調は好転のサイン!

断食中に頭痛、ふらつき、便秘、下痢、胃痛などの症状が現れることがありますが、できれば市販薬に頼らず乗り切りたいところです。
既に持病があり、処方されているおくすりがある場合は主治医に必ず相談しましょう。

東洋医学には、「壊して治す」という考え方があり、これら一連の不調は壊していく過程の一環であると考えます。

流れの悪い凝り固まった細胞を一度鍼で刺すことで壊し、修復する過程で症状を治すのです。

病院などで行われている西洋医学の考えは薬もそうですが「閉じ込めて治す」という発想です。

断食中に薬を避けるべきなのは、断食によって一度壊され、毒素を出し切ろうとする体の作用を投薬によって閉じ込めてしまうことになるからです。

断食の翌日に何度もトイレに行くほどお通じがあったりお腹を下してしまう方、吹き出物など肌荒れがひどくなる方もいます。

これらも体が出そうとしている物を無理に止めてしまわないように市販の整腸剤の服用や肌荒れ対策の塗り薬の塗布も控えてみましょう。(医師に処方されている場合は相談しましょう)

断食中の様々な不調

ここで、代表的な不調について見てみましょう。

お腹がゆるい、何度もトイレに行きたくなる

お腹がゆるくなるのは、断食によって腸が本来の働きを取り戻しつつある証拠です。

眠たい、眠気が強い

眠気があるのは断食によって副交感神経が優位になり、体がリラックスしているためです。

頭痛がする

悪い症状が拡散されて治っていく過程で起きると言われています。

口の中がネバネバする

胃酸が出過ぎている状態。温かい飲み物を飲むと少し和らぎます。

このようにプチ断食の初期はあらゆる不調が起きることが予想されますが、どれも体が好転しているサインと捉えれば、辛くなく受け止めることが出来るのではないでしょうか。

-プチ断食

Copyright© 【リアル体重公開】最速で3キロ痩せるプチ断食! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.