プチ断食

プチ断食は食事制限より断然ラク!一度ハマれば気持ちいい!

▼はじめての断食のおともに。


何故食べすぎると良くないの?

よくいわれるのが、「胃は第一倉庫、腸は第2倉庫、脂肪は第三倉庫」というお話です。

口から入った食べ物は胃で消化されますが、消化がしっかり完了しないうちに次の食べ物を食べる、つまり食べすぎの状態が続くと、胃が食べ物の倉庫のようになってしまい、消化能力が低下します。

胃から腸はー本の管でつながっているので、胃がつまり始めると、腸もつまります。

本来、胃で消化された食べ物は腸に運ばれ、必要な栄養素を吸収し、不必要なものを排泄します。

ところが食べ物のカスなどでパンパンにつまった腸は働きが弱まり倉庫と化してしまいます。

腸の中に食べ物のカスが豊富にあると栄養素を吸収できず、かえって体は栄養不足に陥るという皮肉な現象までおこります。

そして、第二倉庫である腸が容量オーバーになると第三倉庫の脂肪に余剰分を蓄えるようになり、太るというメカニズムです。

さらに、胃の中にずっと食べ物がつまっていると、常に胃酸がでている状態となります。

胃酸が出ると、「食べ物を入れて」という指令が脳に届き、それが、「何か 食べたーいという飢餓感や空腹感を起こさせます。

実際には、胃のなかにはまだ消化しきれない食べ物がいっぱいあるのに、脳からの指令にあらがうのはなかなか難しく、そのへんにあるクッキーやらおせんべいを食べ てしまうと、さらに胃は食べ物であふれ、腸が詰まり、脂肪を蓄え……という負のル
ーブがまわりはじめます。

食べても食べても満たされず、だめだと思いながらもまた食べる、心身を落ち込ませるこうした悪循環は断食で一度リセットすることで正常な食欲にもどるのです。

じゃあ、食べ過ぎが問題なら食べる量を減らそう!

そう思われる方は多いと思います。

断食でなくとも、最近はやりの糖質制限ダイエットでいいんじゃない?という声も聞こえてきそうです。

でも、その、「食事の量を減らす」「糖質制限する」というのが、どれほど難しいことか、何年もダイエットを繰り返している人なら簡単にわかると思います。

だいいち、カロリー制限や食べる量を減らすダイエットをしている時は、いつも以上に食べ物のことを考えていませんか?

むしろ食べている時以上に食欲に支配されそうになり、それに抗うという必死の攻防を繰り返してしまうはずです。

カロリーを気にして、毎食毎食食べていいもの悪いもの、を振り分けるストレスは相当なもので、ダイエットするにもものすごいハードルです。

断食は、食べなければよいだけ。

断食はとてもシンプルです。

あれは食べてもいい、カロリーはこれ以上取れない、などと考えなくても、ただ、食べなければ良いのです。

断食になれないうちは、空腹と戦うのが辛く感じるかもしれません。

でもその時期を乗り越えるととても自然で穏やかな感覚が得られます。

空腹を乗り越えた先に穏やかさと気持ちよさがあることを知ると、すんなりと断食が受け入れられるようになるはずです。



-プチ断食

Copyright© 【リアル体重公開】最速で3キロ痩せるプチ断食! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.